Microsoft Foresight に出展してきました (9/6 – 9/7開催)

9月6日、7日に開催された Microsoft Foresight に当社もブース出展をさせていただきました。その時の会場の様子をピックアップしてお伝えします!諸事情で Microsoft Foresight へ行けなかった方に少しでも雰囲気が伝わればと思います。

Microsoft Foresight とは?

1

昨今、技術普及が大きい IoT や AI といった技術をどのようにビジネス活用するか、同時にマイクロソフトが提唱するデジタルフォーメーションをどのように実現できるかを垣間見られるイベントとなっています。

マイクロソフトがここ数年推し進めているテーマ「デジタルトランスフォーメーション」は Day1 で行われた基調講演をもとに以下があげられます。

Microsoft Foresight の会場展示について

MTCx

会場では MTC (マイクロソフトテクノロジーセンター)が設置され MTC に在籍するさまざま分野のスペシャリストによるレクチャー、質問ができるスペースがあり今年は以下の内容が実施されていました。

  • マイクロソフトのモダンワークスタイル
  • マイクロソフトのデータ分析プラットフォーム
  • Azure とロボットを活用したデジタルイノベーション
  • 安心安全なモビリティ環境の実現
  • 経営戦略としてのワークスタイル変革(効果と計測)

2

Microsoft Surface Hub

Surface Hub の展示もありました。専用タッチペンでメモを自在に書くことができます。
高精度な筆圧検知があり実際にホワイトボードへ書いているような強弱がつきます。タッチペンで書く際、線の太さは変更できないとのこと。
今回84インチモデルを体験させていただきましたが、オプション装備によりますがなんとお値段は250万~300万程だそう。
OS には Windows 10 、ミーティングなどで複数拠点と話しながら画面共有をするため Skype for Business が動作しています。
84インチモデルでは CPU に Core i7 が搭載されており遅延なくサクサク動作していました。

3

BREAKOUT SESSION 「クラウドで実現するコインランドリーの次世代 IT システム」

9月7日、アクアと日本マイクロソフトがIoT家電で協業を基本合意したことが発表され、同日にはイベント会場にてアクア株式会社 加藤様によるセッションがありました。アクアは自社が運営するコインランドリーの12年間分のデータをもっており、今後はこのデータを Machine LearningCognitive Services などで新たなサービス展開へ利活用していく方針でクラウド基盤には Microsoft Azure が採用されています。
セッション中では「タオルを一度、ランドリーでガス燥機してみてください。新品のふかふか感がやめつきになります!」と会場が沸く瞬間も。みなさんも是非、ガス乾燥を試してみてください。

4

レセプション

イベント最終日の夕方には食事、飲み物が会場内に運び込まれ、軽食をしながら各社ブースで盛り上がる場面も。
デジタルトランスフォーメーションの取り入れるための有意義な時間となっていました。

5

シアターセッション

当社、大阪支社の逢坂による 「No.1 マルチクラウドインテグレーターが推奨するデジタルトランスフォーメーション」 をセッションさせていただきました。

当社ではPaaSを活用したインフラ運用レスシステムをお客様と共同で実施しています。PaaSをうまく利活用したい、これを期にVMをPaaSに置き換えられない?など是非ご相談下さい!
マネージドクラウド for Azure

あなたにおすすめの記事